多のう胞性卵巣症候群(PCOS)

多のう胞性卵巣とは

あなたは不妊治療のために産婦人科にいかれ検査を受けその原因が多のう胞性卵巣のためですと診断をされましたか?
 
多のう胞性卵巣症候群とは、卵をつくるホルモンがバランスを崩しているために起こり、月経不順や排卵障害を伴うため、赤ちゃんができずらいということです。生殖年齢の女性の5%くらいにみられ、不妊の原因の20%くらいを占めると言われています。
 
PCOSの症状として真っ先にあげられるのは「月経不順」です。
排卵が起こりにくいことから月経のサイクルが39日以上のことが多く、人によっては半年以上月経がないということもあります。
 
また、排卵がなく体温が上がらない(高温期がない)まま25日程度で次の月経がきてしまい、周期の途中で不正出血を生じる場合もあります。
 

■日本産婦人科学会でのPCOSの定義

  • 月経異常がある
  • 多のう胞性卵巣がみられる
  • 血中の男性ホルモン値が高い、またはLH(黄体ホルモン)の基礎値が高く、FSH(卵胞刺激ホルモン)基礎値が正常

 
以上の3つすべてを満たしている場合とされています。
 
PCOSでは、超音波で卵巣をみると10mmくらいの同じような大きさの卵胞がたくさんでき、卵巣の外側に並んでいて、なかなかそれ以上大きくなりません。
 
産婦人科での治療は排卵誘発剤をつかって排卵のチャンスを増やすことです。クロミッド(クロミフェン)、ステロイド、低用量ピル、漢方薬、糖尿病の薬などで治療しますが思うような結果が出ません。
 
現在おこなわれている治療法は、すべて対症療法になります。
 
不妊治療をされてきている方は、ネットで多くの情報を集められとても知識が豊富です。
しかし「あなたが、これまで集めてきた情報は正しかったと思いますか?」
 
結果がでていないようでしたら、正しいとは限りませんよね。
 
そのPCOSの原因は、次の2つが考えられています。
 

原因①ホルモンバランス(FSHとLH)

どんな人も自律神経というものが働いていますが、これが乱れてしまうと、女性ホルモン・甲状腺ホルモンのバランスが崩れてしまったり、身体が緊張して全身の血流が悪化、冷え性になってしまいます
 
そもそも、女性ホルモンや男性ホルモン、成長ホルモンなど、人の身体の器官から出される「ホルモン」とはなになんでしょうか?
 
ホルモンを卵子や子宮の栄養剤のように思っていませんか?
 
でも、残念ながらホルモンにはそんな能力はありません。ホルモンは伝達物質なんです。
 
脳が性細胞に指示を出す、「メッセンジャー」なのです。
 
女性ホルモンは卵子の栄養素ではありません。なのでホルモンの量が増えたからといっても卵子の質がよくなるわけではありません。
 

卵巣からは主に3種類のホルモンが出ています

エストロゲン(女性ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)アンドロゲンになります。
 
女性ホルモン① エストロゲン

エストロゲンは代表的な女性ホルモンです。主に女性の性器系に作用します。第二次性徴が正常に起こるためにも大切です。
 
ヒトのエストロゲンは20種類以上もあるのですが、エストロン、エストラディオール、エストリオールの3つが主です。
 
その中でも、エストラディオール(E2)が主要なエストロゲンになります。

女性ホルモン② プロゲステロン(黄体ホルモン)(P4)

プロゲステロンは主に妊娠しやすいような子宮内膜を厚くし受精卵が、着床しやすい状態を作ります。

女性ホルモン③ アンドロゲン(男性ホルモン)

女性の体の中でも少量の男性ホルモンが作られています。卵巣で作られる主な男性ホルモンはテストステロンとアンドロステンディオンなどです。

 

エストロゲンとアンドロゲンのできかたについて

卵巣でエストロゲンとアンドロゲンが出来る過程は婦人科的には非常に有名です。
 
性腺刺激ホルモンが脳下垂体から出ています。FSHとLHの2種類ですね。
 
簡単に図解をすると・・・
LHが莢膜細胞に作用してコレステロールからアンドロゲンが作られます。
 
このアンドロゲンが基底膜を通って顆粒膜細胞に移ります。
 
FSHには顆粒膜細胞を増殖させる働きがあります。
 
FSHの作用で芳香化酵素というものができて、この酵素によってアンドロゲンがエストロゲンに変化します。
 

 
すなわち、排卵がおこるためにはFSHとLHが充分(適正量)に、またバランスよく分泌されることが必要になります。
 
FSHとLHの分泌がうまくいかない、またはバランスが崩れてしまうと、うまく排卵がおこらないということになります。
 
これが排卵障害になります。
 

原因②インスリン抵抗性

PCOSにはインスリンというホルモンが、関連していることも分かってきました。
 
インスリンは、食事をしたときに、すい臓から分泌されるホルモンです。
 
食後に増えた血糖は各臓器に取り込まれてエネルギーとして使われたり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。
 

インスリンの働きによって、血糖は一定に保たれていますが何らかの理由で、インスリンの量が少なくなったり充分分泌されていても上手に働くことができなることを“インスリン抵抗性”といいます。
 
そうなると、血糖が下がらなくなり、細胞にエネルギーが取り込めなくなります。
 
細胞にエネルギーを取り込めなくなることは、卵巣にももちろん起こりエネルギーの取り込みができなくなります。
これは卵胞の成長にものすごく不利ということです。
 
そして、インスリンは卵巣での男性ホルモンにも影響を与えます。
(この作用を抑えるために、糖尿病の薬を使用します)
 

多のう胞性卵巣症候群を当院ではどうするのか?

原因は分かりました。では、これらを改善するためには、どうしたらよいのかを知りたいですよね。
 
妊娠にとっては ストレスはとても影響があります。
 
あなたも一度は聞いたかもしれませんが、何年も不妊治療をされていたかたが妊活を辞めたあと、赤ちゃんに恵まれたという話。
 
不妊治療のため心身ともに疲弊していた女性が、抱えてきた大きなストレスをおろしたところ、気持ちが楽になりストレスから解放されホルモンバランスが整い、よい結果につながったと考えられます。
 
人間にとっては、ストレスは非常に大きな問題です。
 
ストレスがかかると呼吸が浅くなります。
 
無意識に緊張してカラダが硬直します。すると毛細血管が細くなります。
 
人のカラダはまず第一に自分の命を守ろうとして、減少した酸素を自分の命に関係する所に優先的にまわそうとします。
子孫を残そうとする子宮や卵巣には、その次ということになります。
 
ですから、妊娠を望まれているかたは、できるだけストレスを抱えないようにすることが、大切になるのです。また、自律神経のバランスは、ホルモン分泌やホルモンバランスにも影響があります。
 
実は、インスリン抵抗性もストレスと関係があるんですよ。
 
目指しているのは、良質の“卵”を育てることです。受精だけが目的ではありません。あなたが健康になり、体質改善(神経の施術と体液循環の改善)をすることで妊娠の維持が出来る良い“卵”を育てることを目指しませんか。
 
多のう胞性卵巣症候群を改善していき、良い卵を作っていき望みを叶えませんか。
 
まず、お問い合わせください。
 
アクセス

当院へのアクセス情報

住所〒923-09658 石川県小松市串町東118 エストビル1F(コインランドリー しゃぼんの向かい)
予約完全予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0761-58-1708
立地小松製作所粟津工場、串東口バス停前