姿勢が悪くなるメカニズムとは

わたしたち人間は、地球上に生活している限り、”重力”が常に働いています。

生活習慣や癖で姿勢が歪むのは、重力に対して常にバランスをとろうとするために姿勢が悪くなっていくのです。
その原因を上げていきます。

1、姿勢が悪くなる原因
■生活環境
■癖
■けが
■意識
■疼痛回避行動(とうつうかいひこうどう)・・・何かしらの痛みを回避するためにとる行動や姿勢
■外的(がいてき)ショック・・・整体やマッサージなどで背中を足で踏んでもらったり、体が硬いからとギュウギュウと背中を押してもらったりすることからくる刺激

これらのようなことが要因で、姿勢はだんだんと歪んでいきます。

2、姿勢の歪み
歪んだ姿勢で毎日生活していると、筋肉はバランスを崩していきます。
運動不足な気がしたり、ストレッチでカラダを伸ばしたくなるような時があるかもしれません。

3、運動域の減少
筋肉の動きに偏りが出来てくるので、関節の動きにも変化がでてきます。

ストレッチなどをしてもその時だけで、筋肉のこり感や体が硬くなってきた、というイメージです。
ここまでが、多くの方が知っている、脚を組んで座ったり、いつも決まった方の肩に鞄をもったり・・など、やりやすい方があるという状態です。

次回につづく。

当院へのアクセス情報

住所〒923-09658 石川県小松市串町東118 エストビル1F(コインランドリー しゃぼんの向かい)
予約完全予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0761-58-1708
立地小松製作所粟津工場、串東口バス停前