自分の歩き方をチェックしてみましょう

足指の使い方、しゃがむ事の大切さを書いてきましたが、毎日の積み重ねが重要になります。これらが身につくと体は確実に変わっていきます。

人にとって下半身の状態は、下半身に限らず上半身体全体のバランスに大きく影響します。

今の自分の体の状態(歩き方)を知る方法があります。
その目安になるのが、”靴底”なのです。
靴底を見ることで歩き方のくせ、下半身の歪みを知ることができます。

【理想的な靴底の減り方】
靴の親指の付け根にあたる部分と、かかとの部分の両方が左右同じように減っています。良い歩き方が出来ている証拠ですね。
あなたがふだんよく履く靴の靴底をチェックしてみましょう。

いかがでしたか?どんな減り方をしてましたか?
減り方で下半身の様子が分かりますよ。どれに当てはまりますか?みてみましょう。

靴底の外側が減る

がに股・O脚になっているかも。脚の外側に重心がかかっている為、外側の筋肉が発達して脚が太くなってしまう可能性があります。
逆に、負荷のかからない脚の内側の筋肉はたるんできます。膝や腰に負担がかかるため将来痛みの原因になるかも。

靴底の内側が減る

内股・X脚の傾向があります。ヒザが曲がったり、猫背で歩く人によく見られる減り方です。かかとと、小指の付け根で体重を支えるため、タコや魚の目ができる人も多いようです。

ハイヒールを履く人や偏平足の人に多く、冷え症になりやすいともいわれています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
靴底のつま先部分が減る

つま先に体重をかけて、踏みこむように歩くクセのある人にみられます。常につま先に体重がかかるため、外反母趾のリスクが高まります。

靴底のかかと部分が減る

がに股気味の人に多いようです。かかとから着地して、足の裏全体を引きずって歩いていませんか?歩く際にカラダヲコントロールできず、猫背になりがちで、血行不良や、腰痛の原因にも。

靴底のどちらか片方だけが減る

どちらか片方の靴底だけが極端に減っている人は、重心もかたよっていると考えられます。身体や骨盤にゆがみが生じている可能性も考えられるかもしれません。

ただしい歩き方をしていないと健康に悪影響を及ぼすことがありますよ。
歪みをとっていくことと、正しい歩き方を身に着けて改善していきましょう。

当院へのアクセス情報

住所〒923-09658 石川県小松市串町東118 エストビル1F(コインランドリー しゃぼんの向かい)
予約完全予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0761-58-1708
立地小松製作所粟津工場、串東口バス停前