無痛整体てっちゃん家のブログ

ブログ

骨盤を整える「お尻歩き」

未分類
2018年10月19日

1日5分!「お尻歩き」で体の不調をまとめて改善

 

お尻歩きとは?

床に足を前に延ばした状態で座り、そのままお尻を左右交互に動かして、前に進んだり後ろに戻ったりする運動で、お腹周りや下半身痩せだけでなく、体の様々な不調に効くと言われています。

 

お尻歩きの効果とは

お尻歩きの主な効果として、骨盤矯正効果、便秘や冷え、むくみ、腰痛の改善、お腹や腰まわりのシェイプアップ効果などがあります。

 

女性にとっては嬉しい効果ばかりですよね。

 

ちなみに骨盤矯正効果ですが、よく“骨盤の歪を治す”なんて聞きますが、あれは骨自体が歪んでしまっているわけではなく、実際は骨盤を構成している3つの骨の位置画ずれているという事。

 

運動不足が続いたり普段の姿勢が悪かったりすると、骨盤を構成している「仙骨」「寛骨」「尾骨」を支えている筋肉がゆるんで、骨の本来の位置を維持できなくなります。その結果、姿勢が悪くなり、次第に疲れやすい体になって行くんですね。

 

お尻歩きでは、この骨盤を支えている筋肉「腸腰筋」を鍛えることになり、骨盤のずれも次第に解消されるというわけです。

 

 

また、お尻歩きを続けることで体の深部の筋肉(インナーマッスル)が鍛えられて代謝がアップするため、冷え症も改善されますし、内臓も正しい位置に戻り、「便秘の解消」引いては「むくみの解消」にもつながります。

 

さらにインナーマッスルだけでなく、腰まわりの筋肉も鍛えられるため、続けていくうちにお腹やお尻が引き締まり、腰を支える筋肉が強化されて、腰痛も改善されていきます。

 

 

◎お尻歩きのやり方◎

―基本編―

  • 楽な服装で床に座り、両足を伸ばします。
  • 背筋をのばします。
  • 足を閉じて、つま先は上に向けたまま、お尻を交互に前の方に出して10歩前進したら、今度は10歩後進します。この時、手は自然に膝の上に置いておきます。
  • 10歩前進、10歩後進を1セットとして、1日に3セット行います。

 

ものすごく運動不足で、ちょっとキツイという方は、初めのうちは足を曲げて行い、慣れてきたら足を伸ばしてやってみて下さい。

 

―上級編―

逆に基本のやり方では物足りないという方への「バージョンアップ編」も2つ紹介しますね。

 

1つ目は、「腕組みバージョン」。

両腕を前の方に肩の高さまで上げます。そのまま肘を曲げてお互いの二の腕を持ち、お尻歩きを行います。背筋に効いて、姿勢も良くなります。

 

2つ目は、「足を床から浮かせて行うバージョン」。

足を前に伸ばすか、曲げた状態で床から浮かし、そのままお尻歩きを行います。

 

このバージョンは、足の反動を使わずに進むので、そのぶんしっかりとお腹や腰まわりの筋肉を使うことが出来ますが、やってみるとかなりキツイですし、腰の弱い方には負担が強すぎるので、まずは基本のやり方に慣れて、様子を見ながら行う方がよさそうです。

 

 

頻度と注意点

 

頻度としては、まずは1日に前方に10歩、後方に10歩を3セットから初めて(2分も掛かりません)、慣れてきたら徐々に歩数やセット数を増やしていきます。

 

簡単だからと言って、間違っても最初っから30分!なんて張り切らないようにしましょう!2日で挫折します。

 

また床がフローリングだとお尻が痛くなるので、畳やカーペットでやるか、ヨガマットなどを敷きましょう。

 

それから、他のエクササイズにも言えることですが、「お尻歩き」も効果には個人差があり、実感できるまでにある程度時間が掛かるようです。特にダイエット目的の場合は数カ月かかることも。。。

 

もしも本格的にダイエットをするのであれば、他の運動と併用するのが良いかもしれません。

 

「不眠負債」とは

未分類
2018年10月16日

「不眠負債」という言葉を、耳にしたことはありますか?
これは、
「毎日のちょっとした寝不足」の蓄積が、さまざまな症状の原因になります。
と、いう事のようです。

専門家による「良質な睡眠」の条件とは、

・眠りに落ちるまでの時間が30分以内
・夜中に起きるのは1回まで
・夜中に目が覚めた場合は、20分以内に再び眠ることができる
・総睡眠時間の85%以上は寝床にいる
(通勤の居眠りなどの合計が15%未満)

ということです。

「快適な睡眠がとれていないな・・・」と、思った方は。

「耳せん」と「アイマスク」が、効果的なようです。

あと「昼寝」もおススメとのこと。

ちなみに、
現代人の理想の睡眠時間は、7~9時間ほどだそうです。

健全な睡眠が、健全な身体を作る。

と、いうことのようです。

身体のゆがみがめまいや耳鳴りに繋がる理由

自律神経コラム
2018年08月17日

めまい・耳鳴りに関して少しだけ解剖学のお話を。
 

 
これは、良く見かける耳の絵ですね。
これを見ると、内耳というカタツムリのような器官が耳の奥にあるように見えますね。
ところが次の絵を見ると、「あれ何かが違う!」という事に気が付きますか。
 

 
実は、カタツムリ状の蝸牛というものが、
付いているのではなくて、頭蓋事の横の部分の側頭骨に開いている、内耳道という
管状の穴があり、その中を膜迷路という膜があり、その中にリンパ液や音を感じるセンサーや平衡を感じるセンサーがあります。
 
内耳というのは、頭蓋骨の側頭骨と全く一体化しています。
 
そして、その側頭骨には、いくつかの筋肉が付いています。
 

 
図の筋肉は、胸鎖乳突筋といいます。首を曲げたり回したりする筋肉です。
 
鎖骨・胸骨にはじまり側頭骨と乳様突起についています。
 
体のゆがみの影響を受けています。
 
自律神経は、体の筋肉の状態も監視しているので、この筋肉の緊張も感じ取っています。
 
ですから、体の力がいつも抜けない方は、体をゆるめバランスをとることで、めまいや耳鳴りが解消しやすいですね。
 

次ページへ »